これは何ら隠喩を含まない俗的な話なのだが、スマホやタブレットはひとつのアプリに占拠されてしまうことがある。典型的なのはゲームであり、特に「シムシティ ビルドイット (SIMCITY BUILDIT)」のように「ながらプレイ」でやるものはメリハリが無いので、ずっとタブレットの画面を占拠し続けることがある。廃人になるほど血道を上げるようなゲームではないが、十年一日の如く怠惰に堕する悪魔的なゲームである。シムシティをアンインストールすればいいというもっともな意見もあろうが、(架空の他者のツッコミを思い浮かべてそれに脳内反論するのは馬鹿げているが)シムシティだけの話ではないと思われるし、他のアプリでも似たようなことはあろう。さて、何が言いたいのかというと、本来であれば、他にメインのことをやりながら、箸休めのようにシムシティをやるべきなのだが、シムシティの方が主食になってしまう倒錯である。この倒錯を糺し正常化するためには「シムシティ専用端末」を用意することになる。シムシティビルドイットは安物の端末でも動作するようになっており、iPad Pro 12.9インチでプレーしても特別に壮観というわけではなく、スマホと大差ない。もちろん大きい端末のほうが操作はしやすいし、iPadの方が多少は見映えがいいが、プレイする気力を削がれるほどの差ではない。であるから、脇役化した古い端末をシムシティ専用にあてがうことになる。それによって主戦力たる端末が自由になる、というわけだが、ここからは余談、というより、語るべき主題もなく稿を起こしたので話が転々としていくのだが、わたしの場合、本来なら主力であるはずのiPad Pro 12.9インチがエレキギター演奏の専用端末になってしまっている。もちろんエレキギターを延々と演奏しているわけではないので、ギターを弾いてないときはiPadを普通に使えばよろしかろうというのもあるが、楽器演奏や楽曲製作なら断然iPadとしても、それ以外ならAndroidの方が自由度が高くていいというのがある。iPadはカスタマイズの自由度が低いので、Androidより確実に優れている音楽関係のアプリとか、そういうところに使い方が偏ってしまう。固定レイアウトの電子書籍、もしくは自炊して電子化した書籍などはiPad Pro 12.9インチはかなり優位性があるが、だが、ちゃんと電子書籍化されていて文字を拡大出来るなら小さいディスプレイの方が読みやすかったりする。それにiPad(iPhone)は出来損ないの有料アプリが悪疫のように広まっており、息をするだけで人頭税を取られる具合である。かつてのフリーソフト文化においては、乞食ユーザーが高圧的な要求をしてくるのが日常茶飯事であっただろうし、プログラムの作者はひとびとの我欲にさぞかし辟易としたであろうが、どうやらこのところプログラム作者の方が乞食になっており、出来損ないアプリは無論のこと、優秀な有料アプリがiOSのアップデートに対応せずに放置されているのが普通であるから、この匪賊の群れは無能のインチキだけの話でもない。グーグルが立派で徳操高いというわけではなく、本業が広告代理店だからであろうし、民衆の膏血を啜る手段が異なるだけであるが、iPadの得意分野ではiPadを使い、どちらでもよければAndroidの方がいい、というのがある。Androidで有料アプリだと、いわば由緒正しき血統書付きというイメージだが、iPad(iPhone)は素性の知れない雑魚アプリでも有料だし、優秀な有料アプリも放置されることがあり、地面師と似たりよったりの連中が集う魔窟である。なんにせよ、いろいろな意味で、複数の端末があったほうが使い勝手がいいのである。無論、10台あっても10人分の作業は出来ないが、端末が複数台あって余ってしまうことはあまりないのである。
強烈に響いてくる偏頭痛を半減できる薬があるなら誰もが飲むであろうし、快癒するわけでなくても軽減できる有効な医療があれば、この痼疾の治療のために欠かさず通院するはずである。その一方で人間は努力できない生き物である。たぶん出来損ないであることは頭痛ではなく、半端に改善してしまうとむしろ頭痛の種になる。学力は中途半端にあると痛いのかもしれないし、偏差値32まで行くと無我の境地である。地頭が偏差値32くらいなのにガリ勉丸暗記詰め込み教育で東大にギリギリ合格した有村悠さんの悲惨な逸話の数々を思い浮かべると、中途半端に勉強してしまうと苦痛が増えると言わざるを得ない。偏頭痛が軽くなるなら、これは他者との優劣の問題ではないが、学力となると他者との優劣の問題を含むし、偏差値32なら居直れるが、なまじ勉強してしまうと、他者との優劣に悩まされることもあろう。これが顔面偏差値なら32から45に上がったら嬉しいだろうが、学力偏差値は中途半端に上がると苦痛である。有象無象を睥睨するほどの頭脳がないのであれば、偏差値32の方が幸福である。地頭が偏差値32の有村悠さんは勉強すればするほど薄っぺらい人間性が露呈される、というより、中途半端な知識のみっともなさという人類の課題に直面するわけである。であるから、「努力しない人」とか「勉強しない人」は合理主義者である。頭が悪い母子家庭育ちが無理してガリ勉して東大に入っても発狂して人事不省で不登校というのがオチであろうし、癌は治療しないほうがいいというか、中途半端な勉強は本当に痛みがある。中途半端に勉強すると痛みが半減するのではなく、むしろ増大する。登攀するほどに地獄は深まる。頂点を極めれば、そのさきに眺望が広がるのだろうが、有村悠さんがどれだけ勉強してもその境地には至れないのであるし、明けても暮れても断崖絶壁しか見えない。偏差値32のまま生きていれば、エリート東大生との優劣に煩悶して不登校になることもないし、勉強しないのはひとつの正しい選択である。何らかの分野で中途半端な実力を持ってしまうと、その世界の優れた人間に劣等感を持つだけの不健全な人間になる。実力が絶無である方が、「なんかあの人はすごいらしい」という程度で他人を素直にリスペクト出来る。有村悠さんも、母子家庭育ちがエリート東大生と席を並べるとか莫迦なことをやったのは自業自得であろうが、しかし、努力すればするほど壁にぶつかってしまうというのは人間の根源的な苦難であり、そして現実問題として、有村悠さんがエリート東大生と対峙したらどうにもならないし、その苦難を乗り越える英雄譚が成り立ち得ない絶対的な絶望がそこにある。勉強すればするほどエリート東大生との格差が開くのであれば、勉強しない方がいいのである。俊足ランナーを鈍足が追いかけても差が開くだけだから、努力放棄が正解でもある。当然ながら、一番にならないと気が済まない業病を抱えた人ほどこの罠に陥る。凡人としての適性があれば、それなりに努力して明治大学あたりで満足するすべもあろう。なぜ有村悠さんはエリート東大生と同じ土俵に上がってしまったのかという問題だが、これはカフカの「掟の門」のような話というか、何か知らんが明治大学では駄目らしく、東京大学という扉をこじあけたいのだろうし、絶対に開かない扉を開けようとする人間的絶望である。
知性というのは、なぜか人間の根源的なコンプレックスである。容姿がまずいのと、頭が悪いのとでは前者の方が明らかに苦痛であり、知性など夾雑物に過ぎないはずだが、これは快楽主義的に生きていける場合の話である。重苦しい現実において、頭のよし悪しは燻り出されるし、概して育ちが悪いと頭が悪いので、ここが鈍痛のように長患いする怨恨の根源ともなりうる。育ちの悪い人間は知性をコケにしようとたゆまぬ努力を続けるが、これは美男美女への嫉妬とはまた別であり、快楽主義が消し去られていく現実の重みである。たとえば腐るほどに1万円札が積み上がっていて快楽主義を謳歌出来るのなら、それこそ知性など本当に必要がないのであるが、やはり楽園を追放された衆生が集まるギスギスした俗世間においては知性が重要となる。育ちが悪いほど快楽主義になるが、金がないので、快楽に溺れるとなれば破滅的な人生になってしまう。快楽主義の挫折が現実だとするなら、知性の軛を遁れて桃源郷をひらひら飛び回ることはありえず、この有象無象が張り付いている大地に繋がれるのみである。美男美女に嫉妬するとすれば、つまり美男美女として恋愛を享楽することに憧れているわけだが、知性への嫉妬の根底に学問への情熱などあるまい。決して知性がほしいというわけではなく、むしろ文字など読みたくないのであろうが、文明社会の力学に取り込まれているからには知性を避けられず、そこで葛藤が生み出される。ややくどく言うと、「セックスがしたい」のと「勉強がしたい」のとではまったく異なるわけであり、育ちが悪ければ勉強など決してしたくないのだが、文明社会がそれを許さないのである。このような育ちの悪い輩への配慮として、知性など無意味という論が展開されることがあるが、これはつまりユートピア思想である。いつまでも遊んでいられることはなく、苦痛だらけの現実では知性がなくてはならない。ともかく、こういう現実の重力からして、勉強嫌いなのに知性が欲しいという奇妙な願望が生まれる。あるいは、社会性でなんとか世渡りするとしても、最後には知性という見栄が欲しくなったりする。
よく年末が忙しいというが、これは締切間際に思いつくタイプの人間が結構いるからである。これは多動性の問題でもあるから個人差はあるが、人間は切羽詰まるとアイデアが浮かんでくる。その閃きが優れている人もたまにはいるのだが、優れた閃きでも人間のクズがたまたま天才という話であるから褒められたものではないし、ましてや、莫迦なのに思いつきだけは百人前というのがいるから困るわけである。あるいは、年末になってようやく重い腰を上げるのは一種の常識なのかもしれない。三井住友海上の保険の代理店の奴が事前連絡もせずにいきなり年末にやってきて12月末までに書かないといけないクソみたいな書類に記入させられたのだが、それはもっと前に持ってきて然るべきものであった。これなどは莫迦というよりは、社会的な図々しさなのであろう。わたしはすでに加入しているわけだから前触れもなく飛び込み営業のような格好で来るのは理解しがたいが、たぶん他人の都合を乱して不興を買うのを厭わないのがそいつのやり方なのだろうし、塵芥のような有象無象に数撃てば当たるという営業のメンタリティなのだろうと思われる。当然ながら、12月だから普段より早めにと気を遣う徳操高き人もいるであろう。延々と放置していて年の瀬ギリギリにやってくるのは発達障害者か、もしくは図太いコミュ強か、ともかくろくなのがいない。誰もが駆け込み乗車をしたら将棋倒しで死亡者が出るに決まっているし、あらかじめ乗車している人が多いのであるが、しかし、駆け込み乗車の慌ただしさこそが人間なのかもしれないし、秩序が逸脱を作り出し、逸脱が秩序を作り出すというか、そもそも急いでないのに駆け込み乗車をしてしまうこともあるし、発車間際の風物詩として欠かせない気もする。死は平等であるが、死生観がひとによって異なるような具合である。重力のように抗えないはずの死や時間に対する考え方がひとによって異なる機微は、それぞれの顔立ちが違うように必要なのであろう。遅刻魔がいてこそ、時間というものの輪郭が浮かび上がるとも言える。とはいえ、迷惑行為であることに疑いはなく、11月にやればいいものを12月28日に言い出す面倒な輩とか、年明けで充分と思われることをなぜか切羽詰ったように12月28日に勇み足で実行して他人を煩わせるなど、切迫した慌ただしさで本性が照らし出されるのである。
東浩紀のゲンロンカフェがゴタゴタしているらしく愚痴ツイートを繰り返している。御本人が仔細まで述べてないから、言葉を濁している部分は想像で補うしかないが、社員に「裏切られた」らしい。横領ではないそうだが、何かしら経理面で杜撰なことがあったと思われる。そこそこ人望のある社員だったが、裏の顔があったらしい、とかわたしもよくわからんが、ともかく、このところ東浩紀は尻拭いのため経理のお勉強に忙殺されているそうだ。ゲンロンは閉鎖しないそうだが、ひとまず規模の縮小というか、今まで社員が九人だったのが四人に減るそうだ。東浩紀は筑駒で二番だか五番だかの成績だったのが御自慢であり、秀才ではあるのだろうが、ソーカル事件(ジャック・ラカンの高等数学の知識が出鱈目だと理数系の大学教授に晒し上げられた事件)の影響で、フランス現代思想の知識がむだになってしまった。東浩紀は天才でも何でもないから、その学識に疑義が呈されたとなればただの無知である。財務官僚になろうと思えばなれていたのだろうが、いまさら経理のお勉強をしているようでは、そこらの阿呆と大差ない。思想のお勉強が無駄になるというのはマルクス主義の学者もそうだったのだろうが、むしろマルクス主義なら思想そのものは面白そうだし、フランス現代思想は同じデタラメでもレベルが低い。「ぼくひとり儲かっても人文知の復興はないからって発想で、ゲンロンではあえてそういことやってなかったんですよね。でももうぼくも自分の利益だけを考える年齢かもしれないですねー」という発言もしているが、東浩紀のようなセミプロはネットの害悪のひとつである。たとえば初音ミクでも、最初はアマチュアの文化だったのが、だんだん食えない音楽家の発表の場となった。いや、アマチュアよりセミプロの方が優れているのだろうし、そもそも他人の表現活動を禁じる権利などないのだが、職業的なセミプロよりは純然たるアマチュアの方が面白いという側面もある。発表するのは自由だから、それを阻止するという話ではないが、セミプロは技術はあっても所詮はプロの二軍だし、それに似つかわしいつまらなさがある。たとえばアマチュア枠の有村悠さんの方が、ロックスターとしてわれわれを楽しませているし、これぞ高卒レベルという日本史の知識をツイートしているのも、いずれ、いずれ、いずれは大川周明のような碩学になるための苦難とも言える。東大で西洋史学を専攻したら退学処分になった経緯を考えるに、日本史に挑戦しても結果は同じだろうが、しかし、しかし、アマチュアならではの面白さというのもあるわけである。
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング